«一般病棟へ | main | 入院生活»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院

2008.7/23
今日からお風呂がOKになる。
でも午前中に看護師さんが入れてしまっていた。・・・残念。
体重は6970g(術前は7125g)
離乳食は食べっぷりがいいので、早くも4品×2回食に。
さすがに完食は出来なかったけど、沢山食べたw
週末に退院予定になる。

7/24
久々に私がお風呂に入れる。
でもずっと泣き顔。
昨日も泣いたらしいし、傷がしみたのかな?

7/25
昨晩不整脈が出たので、術前にやめていたアンカロンを服用し始める。
薬の効果を確認するため、週末に予定していた退院は延期に

7/27
旦那と一緒に面会。
ご機嫌でプレイルームのおもちゃでたくさん遊ぶwww
プレイルーム
足クセが悪い(笑)
ミルクは痰がからむのとむせるのが嫌なようで、あまり飲まない。
空腹でミルク自体は欲しがるんだけど・・・。
やっぱり喉が回復しないと・・・なのかな。

7/28
アンカロンの効き目が良かったので、明日退院できることに。
しかも在宅酸素をしなくてよくなった!
これでカニューラの巻きつき事故の心配や、外出時に酸素ボンベを持ち歩く手間がなくなる~(´∀`*)
ヒカルのストレスも減るし、本当に嬉しいwww

7/29
退院時説明では、グレン循環良好、弁逆流は1度に軽減。
やはり喉は片側声帯麻痺と言われた。
声帯麻痺は人口呼吸器を長時間つけていると起こることがある。
治るのは個人差で、数週間~数ヶ月かかるらしい。
勿論治らない場合もある。
しばらくの間はミルクや麦茶等の水分はとろみをつける粉を混ぜて飲ませることになった。
また、肺血流は右:左=2:8で左肺に多く流れていて、バランスに偏りがあった(理想は4:6)
今後、肺の血管の成長に左右差がでる可能性がある(←フォンタンにむけては不安材料)
でも良いことも。
在宅酸素に続き、水分制限もなくなったw
真夏で脱水の心配があったからホッとした。

3週間の入院を経て、無事に退院。
小さい身体でたくさん頑張った!!
またひとつ乗り越えられたね

ファーストフードデビュー
身軽になってファーストフードデビューwww
でも口にできたのは飲み物のみ(笑)

その後、心配していた片側声帯麻痺は、1ヶ月半ほどで治りました
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。