«グレン手術当日 | main | 一般病棟へ»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレン術後

2008.7/10
呼び出されることなく一夜があける。
朝・昼・夕・夜の4回面会へ行く。
やはり顔のむくみがすごい。パンパン。
安定してはいるが、まだ目が離せない状態。

7/11
少しずつ出血が減ってきている。
でも胸水が心配。
旦那は翌日からの仕事のため帰宅。

7/12
ヒカル8ヶ月。おめでと
朝の面会時、顔が赤いのが気になった。
輸血が終了していたが、お昼前に胃から出血があり3ml/1hで再開。
胃を洗浄する。
午前中、人工呼吸器のレベルを下げたが自発呼吸はまだ厳しいようで元に戻す。
レントゲンで見ても肺がよくない。
水分で肺が重くなっているため(肺が浮腫んでいる)呼吸しづらいらしい。
午後には利尿剤の点滴が開始。
あとドレーンからの出血がなくなってきたので、ヘパリンの点滴も開始になる。

7/13
利尿剤が効いているのか、顔の浮腫みがとれてきている。
唇もピンクで良い色w
グレン循環に慣れれば身体はかなり楽になると聞くし、その兆候が出てるのかも。
午後には旦那も面会に。
身体をもぞもぞ動かすようになってきて、夜には意識ははっきりしないものの、薄目を開けていた。

7/14
朝から目を覚ましててびっくり!
まだぼんやりしつつも私の顔をじーっと見てくれた
久しぶりに会えた気分で、とても嬉しかったwww
心機能は戻りつつあるが、上大静脈圧が高いのが気になる・・・(前日ベース18~20)
お昼の面会では、頻繁にえづくので吸引をした。
朝心配されていた上大静脈圧は、肺の調子が良くなってきたおかげで夜には14~16にまで下がってきた。
“グレンとフォンタンは肺が命”を実感・・・。

7/15
午前中に人工呼吸器抜管。
前回は2回目で離脱したから今回もすぐには無理かもと思っていたら1回でクリア!
心拍・呼吸数とも高めではあるけど、すごいよー!!
同じく午前中にはドレーンと上大静脈圧計が外された。
酸素は2ℓ。
点滴も減ってきてベッド回りがかなりすっきりしてきた。
この日のヒカルはとても頑張りましたwww

7/16
夜中の間に糖水10ml×6回。
消化は良好。
経口ではなくNGで、11時からハーフMCTミルク60ml×6回でスタート。
酸素が1ℓに減る。
昨日から急に回復してきたので、私は帰宅。
帰る前の面会では1週間振りに抱っこさせてもらった(*´艸`*)
抜管したばかりだし体力もないから、子猫が鳴いてるようなか細い声だった。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。