«ドキドキの1週間 | main | 拍手レス☆»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お家づくり

まずはお礼から。
一昨日、拍手を1件いただきました!
ありがとうございますー!!
とても励みになりますwww

今我が家はマイホームを建築予定。
結婚してからずっと賃貸マンション暮らし。
本当はもっと早くに買うか建てるかしたかったのだけど、腰が重い旦那をその気にさせるのに随分時間がかかってしまった

旦那は義父の跡を継いで大工。
だから私はいつか旦那の建てた家に住むのが夢だった。

でも大工は儲けにならないから自分の家にはお金をかけない。
旦那もそのクチで、中古住宅を買って悪いところだけ自分がリフォームすればいいという考え。
義父母も同意見だったので、あまり強くも言えなかった。
実際土地を購入しての新築はお金がかかるしね。

そして去年、義父が義兄家族が同居する予定だから実家隣りの義兄の家を買わないかと話を持ちかけてきた。
(義兄宅は10年ほど前に中古で購入)
土地建物が格安で手に入るから金銭面ではお得な話。
でもその家は日当たりが悪く、身内とはいえほぼ同じ敷地に三世帯が住むのは後々いろんな問題がでそうだし、気を遣ってストレスにならないか心配だった。

ひなたの出産もあったので、家を見せてもらうため義兄宅にお邪魔したのは2月。
築40年以上の家、という以前に、とにかく家の中が寒い!!
お昼頃なのに、家の中で息が白いってどゆこと!?
日当たりが悪いとは聞いていたけど、ここまでとは・・・

冬でもスリッパを履かない旦那が30分も経たずに寒すぎてスリッパを履いてきたし。
聞けば義兄はこの家に住んでから冷え性になったとか。

大人が冷え性になってしまうほどの家に、心疾患のヒカルが住んだら・・・と想像したら本気で怖くなった。
日当たりのいい機密性の高いマンションに住んでいても冬はチアノーゼが強く出るのに、ここに住んだら肺炎になるんじゃないか・・・。
住む家が命に関わるなんて思ったのは初めて。
義兄の奥さんもヒカルのことを心配して「無理することないよ」と言ってくれて、私にはとてもありがたかった。

結局、私達の感想を聞いた義父母は(義兄夫婦も口添えしてくれたのかもしれない)、後日ヒカルの身体が一番だからと購入話を撤回してくれた。
後半には「頼むから住んでくれ」状態だった義父が折れたことには驚いたけれど、正直とても助かった気分だった

そして購入話が落ち着いた翌週、旦那の実家から歩いて200mほどのところにハウスメーカーの分譲地が売りに出た。
車通りも少ないし、南面道路で日当たり抜群www
小学校まで約1kmというのが気になったけど、仕事用の小屋がある実家が近いと旦那にも都合がいいし、義父母も安心だろうということで、あれよあれよと話が進んで契約。
ハウスメーカーから仕事を請ける形で旦那が我が家を建てる事になりました。

すったもんだがあったけど、私の夢が叶って本当に本当に嬉しい
旦那も建てるからには、と一生懸命考えてくれたし。

毎週のように日曜の午後には間取りや仕様の打ち合わせ。
大変だったけど、自分たちの家だから充実してましたw

旦那の仕事の都合とヒカルの入院で、予定より早く明日地鎮祭に。
天気予報では晴れのち曇り。
無事に執り行われますように
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。