«人工呼吸器抜管 | main | ポリオ予防接種»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院

2008.1/6
旦那と面会へ。
浮腫みが更にとれて、顔も身体もひと回り小さくなっていた

ミルクが経口で飲めるようになったので、久しぶりに抱っこしながら飲ませる。
頭を撫でるとニコニコ笑って機嫌が良かった

1/8
電話でヒカルの様子を確認。
なんと、お昼前に循環器の一般病棟の個室へ転棟に!
脱・CCU!!

1/9
面会へ行ったら部屋が個室から大部屋になっていた。
体重は術後ガクンと減っていたけど、3004gとようやく3000g台になった。
少しずつ増えてきたし、順調に回復。

I先生に会えたので話を聞くと、うまくいけば来週にも退院できるかもしれない、と。
思っていたより早く退院話が出てびっくり!
自宅の準備に焦る

1/13
旦那と一緒に面会へ。

初めてヒカルの沐浴をやる。
看護師さんに教えてもらいながら要領の悪い手つきで洗ってあげる
旦那が横で笑いながらデジカメで動画撮影。(←だから余計に緊張したんだって!)
酸素のカニューラをつけたままの沐浴だから、ちょっとやりにくかった。

1/16
19日の退院が決まる。
在宅酸素になったので、業者さんから酸素濃縮器と酸素ボンベの使い方を教わる。
もうすぐ帰ってくるんだなぁという実感がじわじわ。
でも逆にちゃんと出来るか不安にも・・・。

1/17
業者さんが自宅に酸素濃縮器を設置しに来る。

酸素

1/19
遂にヒカルの退院日!

旦那とI先生からの退院前説明を聞く。
手術や入院中の経過、注意事項、薬・・・。
初めての育児というだけでも戸惑うのに、うまくやっていけるか正直怖かった。
先生は「皆さん最初はそうですよ。一緒に生活してくうちにだんだん慣れていくし、体調の変化も分かるようになります。頑張ってください」と励ましてくれた。

生まれてから2ヶ月以上の長期入院。
ヒカルは本当に頑張った!!
退院おめでとう!!!

病棟の先生・看護師さんに挨拶をして外へ。
初めて感じる外の空気は1月ということもあって冷たく、日の光にヒカルは眩しそうにしていた。
そして緊張しながら帰路へ。

車の中ではずっと眠っていたけれど、あと20分ほどで着くというところで起きてしまい、延々泣きっぱなし
おもちゃであやしても効果なし。
あまり泣き過ぎると心臓の負担になるのに泣きやんでくれず、後部座席にいた旦那は困り果てていた

自宅に着いた早々おむつを替え、ボンベから酸素濃縮器に切り替え、ミルクを飲ませ、とバッタバタ。
一段落ついた時には二人とも一気に疲れてしまった(^_^;)

こうして慌しく大変だけれど幸せな家族揃っての生活がスタートした

ヒカルとひよ
カニューラを付け替える時に撮ったスッキリ顔
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。