«まさかのCRP | main | カテ入院3日目»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張りました

ただいまです。

咳だ、CRPだと、どうなることかと思いましたが、無事にカテーテルを行えました。

朝10時に病院着。
ヒカルは、プレイルームの食事をするテーブルで水分の点滴をしながら車で遊んでました。

点滴してるってことはカテできるの??と思っていたら、看護師さんが「CRPが1.4くらいまで下がってたのでやれますよ~」と。

やったーーー!!!
一晩でよくここまで下げたねwww

ヒカルの順番は2番目。
1番目の子が検査のみで早く終わったので、予定の11時より早い10時40分にカテ出し。

それから待つこと2時間半。
無事に終えて帰って来てくれました(*'-'*)

ただ、戻ってきた時にI先生が「フェネストレーション閉じました」と言ったのでびっくり。
説明を受けるまでの短い待ち時間、どんなことを質問しようか軽くパニくった頭でうんうん考えてました。

フェネストレーション(開窓術)を閉じた理由としては

・下大静脈の血流がかなりフェネストレーションの方へ流れてしまっている
・動脈、静脈圧ともに10~11とフォンタン後としては良い状態。
・フェネストレーションの穴を一時的に風船で塞いで状態を確認したが、静脈圧等大きく変化はなかった
・サチュが上昇するので身体が楽になる
・今の状態のままだと左肺の中で肺動静脈婁ができる可能性がある

ということでした。
肺の中にも肺動静脈婁ができるとは知らなかったので驚き。

それでもやっぱり心配で、静脈の血液の逃げ道がなくなって、体調を崩した時に腹水が溜まったり呼吸が今より苦しくなったりしないのかとかいろいろ聞きました。
その時になってみないと・・・という部分はあるにせよ、検査結果と閉じた方が良い点が多いということで、「閉じても大丈夫」と判断したそうです。
ここまで言われたら先生を信じるしかないよね。

サチュは80台前半~中盤だったのが、寝ていると95~97起きていると93~94くらいにまで上昇しました。

左肺の血管も太くしっかり成長しているので問題なし。
弁逆流は軽度の1。

不整脈はかなり誘発してみたけれど、全くなし
アブレーションの効果が出てますwww

目立った側副血行路はなし。
今回使ったコイルはフェネストレーションを閉じるのに使った2個のみ。

フェネストレーションを閉じたので、血栓防止にヘパリンを点滴で48時間投与することになりました。
なので、退院は18日午後予定です。
コイルは2個しか詰めてないから、多分熱は出ないと思うけど・・・。

ヒカルは6時間のベッド拘束のうち3時間半は寝てました。
残りの2時間半は、お茶を飲んだりカテ用のゼリーを食べたり、遅めのおやつを食べたり夕食を食べたり。
・・・食べてばっか(笑)
朝昼と絶飲食だったからお腹空いてたんだろうね。

食べてる合間には持参したポータブルDVDプレーヤーでトミカ・プラレールのDVDを見せていたので、とってもいい子に過ごせましたwww

唯一おしっこだけは大泣きしましたね。
尿瓶を理解できないから嫌がっちゃって
結局我慢できなかったので、どうにか尿瓶にしてくれました(^_^;)

私達はヒカルがDVDを見ている間にそーっと退室。
ポータブルDVDはこれからも使えるな( ̄ー ̄*)

明日は実家に預けているひなたの様子を見てから面会へ行ってきます。

今日のヒカルはとっても頑張りました

スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。