«BTシャント 手術当日 | main | 閉胸手術»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTシャント 術後

2007.12/13
病棟から連絡もなく朝になる。
術後の急変しやすい12時間を乗り越えてくれた。

朝の面会は8時からの15分間。
「おはよう。夕べも頑張ったね~」と頭を撫でて朝の挨拶。
顔は昨日より浮腫んでいた。

I先生が昨晩からの様子を教えてくれる。
出血は治まってきていておしっこも出ているのでこのまま落ち着いてくれれば、と。
そして昨日の説明で分からなかったことを、図解で説明してもらう。
旦那はよほど不安だったのか、この時ようやく安心できたらしい。

午後の面会は12時、16時、19時頃に行った。
午後には血液が肺に流れやすくなっているようで、点滴の薬を新たに増やしたり窒素で調節をしていた。
術後の予想範囲内ではあるけれど、目を離せない状態とのことだった。

12/14
この日も一日4回の面会。
特に大きな変化はなく、安定している。
旦那は翌日から仕事のため帰宅。

12/15
少しだけ目元の浮腫みがとれてきたような。
顔や体の浮腫み=内臓の浮腫み。
内臓が浮腫んでいると心臓に負担がかかる。
でも今必要な点滴類で身体には水分がどんどん入っていく。
「頑張っておしっこで水分出すんだよ~」と頭をなでなで。

唇がガサガサに乾燥してたので、プロペトを塗ってもらう。

週末のため、閉胸は18日予定となる。

12/16
午後に旦那も面会に来る。
大きな変化はなく落ち着いているが、口から食道に入れてる食道温計が35度後半~36度くらいと少し高い。
タオルや空調で様子をみる。

12/17
相変わらず食道温計の体温が下がらず。
空調と氷枕で表面の体温は冷えてるのに・・・。

予定通り、翌18日に閉胸手術をすることに。
I先生より手術説明を受ける。

これもまた予想外の波乱の一日となった・・・。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。