«フォンタン手術当日。 | main | 3歳の誕生日♪»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工呼吸器抜管&帰宅

2010.11/11
手術翌日。
ポッキーとプリッツの日。←関係なし

朝8時に面会。
人工呼吸器は取れ、酸素のカニューラがついていた。
日付が変わる前に人工呼吸器は抜管できたそう。
手術当日中に抜管って・・・ヒカルすごいよ・・・!!

そして看護師さんが「あ、起きた」と言ったので、顔を覗き込んで「おはよう。昨日はたくさん頑張ってえらかったねぇ」と頭を撫でてあげたら、小さい声で「・・・おはよ」と返してくれた。

まさか返事をしてくれるとは思っていなくて、朝から涙がぽろぽろ。
旦那も嬉しかったようで「お前、すごいなぁ!」と言って撫でていた。

朝のモニターの数値は
心拍 77
血圧 119 / 63
サチュ 92
呼吸 16

点滴では、血液をサラサラにするヘパリン、不整脈薬のアンカロン、カリウムのアスパラK&インシュリン、ブドウ糖等の水分、鎮静剤、定期的に抗生剤。
一晩でまた少し減っていた。
きっと胸水や腹水を減らす為に身体をドライにしなければいけないから、必要最低限の水分にしてるんだろうな。

あと、早朝の吸引で血塊が引けた。
挿管で気管が傷ついてるらしいが、ヘパリンを点滴で入れてるので血が少し止まりにくくなっている。
量は多くないので様子見。

唇のチアノーゼはまだ有り。
手足の冷えが強いので、タオル等で温め。
直腸温、皮膚温計は抜かれた。

朝のI先生のお話では、回復は今のところ順調で不整脈もなし。
夕方からは食事も始めます、とのことだった。

えっ!もう食事が始まるの!?Σ(゜Д゜*)!!

しかも「状態は安定しているとみていいので、もし帰られるようでしたら帰宅されていいですよ」と。

えぇっ!帰っていいのーーー!?Σ(゜Д゜*)ノノ!!
順調でも日曜までは泊まり込みになるだろうと思っていたのに。

展開が早すぎて逆に戸惑ってしまった・・・


午後の面会時。
心拍 100
サチュ 87
呼吸 32

血圧は動脈からではなく、体外式に切り替わった。
カニューラからは、酸素2リットル、NO(一酸化窒素)15を混ぜて吸引。
まだ少し鎮静剤が効いているので、起きたり寝たりの繰り返し。

薬を経口で飲む為に、浣腸をしたら粘液っぽい血が出た。
おそらく直腸温計の刺激だろうということで、これまた様子見。

吸引では血の混じった粘調痰が引けた。
血はまだ残っている様子。

ボーっとしながらも喉はかなり乾いているようで、お茶を勢いよく飲む・・・が、少しむせる。

お茶の後、アンカロンとレニベースを服用。
私たちは見ていなかったのだけど、スポイトで飲ませたらスポイトにも吸い付く勢いだったらしい
喉の渇きはかなりみたい・・・。

でも、500ml/1日の水分制限、脂質50%カットの食事がスタートしたのでうまく配分して飲ますしかない。
フォンタン後はこれがあるからキツいよね。
真夏じゃなくてよかった・・・。

ヒカルが眠ったのを見計らって、私達は帰宅。

これからは退院まで車通い。
事故らないよう気を付けます。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。