«退院へ | main | ちょっぴり早めのバースデー♪»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターヘリ騒ぎ

不整脈の薬・インデラル。

一日4回服用のこの薬は、単純計算で6時間おきに飲ませることになる。
食事の時間もあるので多少前後しても構わないとのことだったけれど、朝晩だけ飲めばいい他の薬と違って少々面倒だった。
でもあの恐怖の不整脈を思えば・・・と、頑張って飲ませられていた。

そんな中、循環器外来でIPAS手術の際に解除した右肺静脈狭窄が再び起こっているらしい診断を受けた。
早めにカテーテルをやった方がいいということで、2009年10月9日入院、13日カテ、と日程が決定。

予定通り体調を整え入院。
でもいつもより早起きをしたヒカルは家で朝食をろくに食べなかった。
病院に着いても入院時の検査で昼食は半分に制限。
夕食はさすがに空腹でもりもり食べてたけども。

ちょうど世間は翌日から3連休ということもあり、シーズン初のシナジスを打ってから外泊扱いで帰宅。
10/12の午前中までに病院へ戻る予定でいた。

翌10/10。
忘れもしない旦那の誕生日の朝。

珍しく7時前に起きたヒカルはパジャマのままで遊び始めた。
でも起きて10分近く経った頃、急にコテッと前かがみになって眠ってしまった。
声を掛けても眠ったまま起きない。

まだ眠かったのかな?と思い布団に寝かせつつも、大きめの寝息をしたりしていつもと少し様子が違うように見えたので、できるだけ目を離さないようにしていた。

それから1時間以上ヒカルは眠ったまま起きない。
なんだか心配になってきて、病院へ連絡して戻ろうか・・・と考え始めた時、ふと自傷行為で血色が悪くなっている右手の指先が目に入った。

「・・・ここってこんなに色が悪かったっけ・・・?」

こう思った時、体をくまなく確認すればよかったのだけど、これ以上薬を飲む時間を遅らせたくなかった私は、顔をぺちぺちと叩いてヒカルを起こした。
すごく眠そうな顔をしてようやく起きたヒカル。

朝食をとったら病院へ戻ろう!と決めて、朝食を食べさせ始めた時、スプーンを持ってるヒカルの右手がぶるぶる震えていた。
そして、震えるスプーンを噛んだまま一点を凝視し始めた。
その異様な光景に一気に私の頭の中が「痙攣だ!!!」という言葉でいっぱいになり、急いでスプーンを離し体を横にさせた。

スプーンを持っていた右腕の袖をめくったら腕全体がチアノーゼで見たこともないような紫色に・・・!!
痙攣も手や腕だけじゃなく体がビクッと仰け反るようになり、慌てて旦那とこども病院へ連絡した。

循環器の先生に「自家用車だと時間がかかるから救急車を呼んだ方がいい」と言われ、119番。
かかりつけは静岡こども病院でカテーテル入院の外泊中、先天性の心疾患、強いチアノーゼと痙攣を起こしていることを伝えて救急隊の到着を待った。

幸い5分程度で到着してくれて、すぐに酸素吸入。
ヒカルの意識は起きたり薄れたりと危険な感じに。
この日は天気も良く、他の要請もなく待機していたことから、ドクターヘリも早々に手配してくれた。

私も救急車に乗り、ドクターヘリが降りる近くの中学校へ。

そこでドクターヘリに乗っている先生が診察。
私はとりあえず先生に診てもらえてるということに少し安心して気持ちが落ち着いてきたおかげで、あることに気付いた。

Q.妊娠7ヶ月の私はドクターヘリに乗れるのか?

A.乗れるわけがない

ヘリの整備師さんにも「妊婦の方は乗れません」と言われたので、急遽旦那に乗ってもらうことに。
ドクターヘリに乗ったヒカルと旦那を見送った後、私は車で静岡へ。

こども病院へ着いた時には、ヒカルは入院していた循環器センターの一般病棟ではなく、PICUにいた。

診断結果は、インデラルの副作用による低血糖の発作の痙攣。
低血糖は半日放っておくと脳に障害が残るほど危険だと説明された。
痙攣が起きてる時間が長ければ長いほど、体の震えが治まるのも遅くなるのだそう。

朝、急にヒカルが寝始めた時のことを思い出し、もっと早く体調の変化が深刻なものかもと考えていれば・・・と後悔した。
鈍い母親でごめんね・・・。

インデラルはこの日より服用中止に。

念の為にとった脳波に異常がなかったので、2日後には循環器センターの一般病棟へ転棟。
しかし、予定していたカテは勿論延期。

その後、病院内で体調管理をしつつカテが行える日を待ったが、予定日の2~3日前には鼻水が出たり微熱が出たりして、計3回も延期になった。

結局カテが行えたのは、最初の予定より2ヶ月も延びた12/10。
妹のひなたが生まれた日になった。
ヒカルのカテ前日に破水してしまったので、立ち会い出産を予定していた旦那に「KYな親子だな(苦笑)」と言われたという・・・( ̄∇ ̄;)

それはさておき、カテの結果は、右肺静脈狭窄はカテーテルが通らないほど進行していて、右肺の圧も52というありえない数値だった・・・。

この頃からフォンタンにいけても片肺フォンタンになるだろう・・・という話が出始めた。

そして、手術前にアブレーションを受けることになり、今に至ります。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

コメント

コメントを送る

トラックバック

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。