スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるサチュ

最初にお礼から。
昨日拍手を1件いただきました!
ありがとうございます~!!
多忙の中、癒されますwww


もう1ヶ月が経って、今月の静岡外来日がやってきました。

2/9 循環器外来
3歳2ヶ月 体重12.2kg(着衣) 身長88.5cm サチュ77~80


採血がなかったので、測定、血圧、レントゲン、心電図のみ。
診察までの時間もさほど待たなかったので楽ちん♪

診察ではK先生が、前回の心エコー結果が良かったわりにサチュがIPAS後と変わりないことを気にしてました。
開窓術をした場合、開けた穴の回りにだんだん薄い膜ができて穴が小さくなるからサチュが上がってくることが多いらしいのだけど、ヒカルの場合は全く変わりなし。
片肺というのが多少なりとも影響してるのかも?とK先生。

そして少し考えた後「本来は手術の1年後にやるカテを早めにやりましょうか。5月ぐらいはどうでしょう?」と言われた。

え!?もうカテ!?
つか、5月!?
・・・またしてもポリオが・・・

前回からアンカロンを中止しているので、不整脈が普段の生活で起こっていないかカテ前に検査した方がいいということで、次回ホルター心電図をすることになりました。

しばらくは外来だけですむかなぁ、なんて思ってたけどそうはいかないのか・・・(´・ω・`;)

診察後、無脾友達のSくんとSくんママに会って少しお話。

Sくんママの聞いた話によると「無脾の子が溶連菌にかかると多臓器不全になる可能性があるから早急な処置が必要になる」んだそうです。
Sくんママのお友達のお子さんが溶連菌にかかり病院へ行ったら、先生から「脾臓ありますよね?」と確認されたそう。

マジですか・・・。
これから幼稚園に入って集団生活になっていくというのに・・・、怖っ。

もちろん無脾にとって怖いのは溶連菌だけじゃないけども。
心配性な私はつい気になっちゃいます
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。