スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床心理4回目&拍手レス☆

まずはお礼から。
昨日、拍手を1件いただきました!!
ありがとうございますwww
お陰様で更新の糧になってます(*'-'*)

今日は朝からどしゃ降りの雨でしたね~。

午前中にヒカルの臨床心理の受診があったので、ひなたを旦那の実家へ預けに行く予定だったんですが、あまりに天気が悪いので義母が家まで来てくれました。
ありがたや~

発達医療センターへは裏道を使って行っているので、いつも混まずにスイスイ。
でもさすがに今日のようなどしゃ降りだと皆さん安全運転なので、混んでないけどノロノロ。
ちょっと遅刻しちゃいました~( ̄∇ ̄;)アハハ

臨床心理は今日で4回目。
ヒカルは先生にも慣れて、「先に先生のとこへ行って」と言ったら、部屋の入口で待ってくれている先生に笑顔のよたよた早歩きで向かって行った。
後ろから見ていても可愛かったwww←親バカ

内容は前回もやった遊びに加えて、もう少しレベルを高くしたおもちゃの形合わせの遊びをした。
今日は少し眠くなりつつあったのか、いつも以上に飽きっぽくて、ひとつの遊びが長続きしない。
先生も「ん~。今日はちょっとご機嫌ななめかな~?」と言っていた。スミマセン(^_^;)

少し面白かったのは、数字を書いたシールを貼っていたとき。

最近ヒカルは、ミニカーを縦列駐車のように並べて、一つずつ指を指しながら数を数えてるかのようにおしゃべりをしていることがある。
そのことを先生に話したら、1~10まで書いてある紙とシールを出して、紙に書いてある数字の上に同じ数字が書いてあるシールを貼らせる遊びをやらせ始めた。

ヒカルはシールが好きなので、早くシールをよこせと机に身を乗り出してすごい食いつき(笑)
それをちゃんと椅子に座らせて、「ちょうだい」をやったらシールを渡す。
最初はただ紙にシールを貼っていたけれど、同じ数字(ヒカルからすると同じ“数字”という形)の上に貼ると分かったら上手に貼れるようになった。

それでも、シールを剥がすことに夢中になって紙を見ていないと全く違うところに貼りつける。
貼ってから「ここじゃない」と気付くと、自分でまた剥がそうとして(べったり貼りついているので先生が取ってくれるのだけど)正しい場所に貼り直す。

私はその様子を横からじーっと観察。
シールを剥がしながら紙とシールの数字を見ている時は正しく貼れて、紙を見ずにただ剥がしている時は上手に出来ないという違いが、ヒカルの視線ではっきり分かった。
『あ。今考えてるんだ』って手に取るように分かって、本当に面白かった。
こうやって子供って吸収していくんだなぁ。

あとビックリしたこと!
この夏ヒカルが履いているサンダルは、後ろ足首のあたりがマジックテープになっている。
いつもそれができないので履く時は手伝っているのだけど、臨床心理が終わって部屋を出る時、自分で履いてマジックテープをとめていた!
しかも両足!!
右足のテープのとめ方が甘かったのか、歩き始めて数歩でコケたけど(笑)
でもすごいよー!!!(≧∇≦)ノ彡☆バンバン!!

次回は来月。
来週から療育グループも始まるし、新しいことをまた吸収できるといいな。

以下、拍手レスになります。
続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。