スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入園説明会

先週、幼稚園の入園説明会へ行ってきました。

今まで説明を聞きに行った幼稚園は、公立と私立が2つ。
どこの園長先生にも、今のヒカルの状態なら入園可能と言ってもらえました。
良かった・・・!ε=(´∀`*)

公立はやっぱり安さが魅力。
その分、いろいろお手伝いで駆り出されることが多い。
降園の付き添い、PTA、行事の準備&手伝い、etc。
下の子がいる場合、これはなかなか大変。
あと問題なのが園までの距離で、自宅から1kmもある。
少し歩いただけでも息切れしてしまうヒカルには、毎日片道1kmを歩くのはキツそう。

私立のA園は、前年度に新築移転したばかりで、耐震性に優れた施設。
園の方針で、しつけはしっかりやってくれるらしい。
先生方の印象は1番良かったかも。
私立なので送迎はバス。
基本お弁当で希望者は給食。
気になったことは、園児の人数と薬。
年少は1クラス32人×5クラスの大人数。
園全体なら500人にもなる。
年少の時ならクラスに先生が2人つくけど、年中・年長になったら1人。
この人数でちゃんと見てもらえるか・・・。
薬は、保育中に服用することになっても本人&保護者、病院の先生以外では飲ませることができないので、自分で飲めない場合は飲ませるために園まで行かなくてはいけない。
今ヒカルの薬は朝晩だけだけだから、このまま変更がなければいいけれど。
でもお泊り保育の時は行かなきゃいけないのかな・・・?

私立B園は、前年度に新しく開園した幼稚園。
市内に同じ学園系列の幼稚園が他に5つあり、幼稚園同士の交流がある。
こちらも送迎はバス。
週4日給食で1日お弁当。
少人数で、年少は1クラス18~20人×4クラス。
薬に関しては基本的にA園と同じだけれど、一筆書けば先生が飲ませることも可能。
(その“一筆”も『飲ませ忘れたり、何かあっても園に責任はないですよ』というものだから気にはなるけど・・・)
この園の気になることは、幼稚園交流でドッジボール大会があるのと、年長になったらマラソン大会があること。
どう考えてもヒカルには無理。
その出来ないことで、回りの子供たちから疎外されたりしないか心配・・・。

それぞれの園の特徴から、私の中では今のところA園、B園、公立の順かなぁと思っています。
公立は、やはり歩く距離があるのと、ひなたがいるのにお手伝いができるか、という点。
私立は、両方ともヒカルを受け入れ可能と言ってくれたけれど、園長先生の話に若干に違いがあった。

A園は「入園することになったら事前に私と年少担当の先生と話を詰めましょう」と言ってくださったが、B園は「病院側は簡単に幼稚園へ通っていいと言うが、園での生活をどこまで理解してもらえてるか分からないので、本当に通っていいのか確認をしてきてください」ということだった。
もちろん入園にあたっては事前に話し合いをすることになるだろうけど、『何かあった時には園に責任はない』という感じが伝わってきた。
園長先生の意見は現場の先生にも伝わるだろうから、こういう固定概念を持たれると正直怖い。

あと、ママ友達がA園と同じ系列の幼稚園に子供を通わせていて、基本的なしつけをしっかりやってくれた言っていた。
ヒカルはかなり落ち着きがないから、それは助かるかも(^_^;)

毎年願書をもらうために保護者が並ぶので、負担を減らすために、私立の入園願書は優先でもらえることになった。

願書受付は10月。
無事に入園先が決まるといいな。
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。