スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ☆

ヒカルのリハビリ。
市内の発達医療センターで月1~2回心理、月1回作業療法(OT)を受けています。

去年後半はあまり記事が書けなかったので今更感がありますが、OTのことをちょこっと書かせていただきます(^_^;)

OTではバランス感覚や集中力をメインにやっています。
最初に立てた目標は「集中力を高める」ことと「ジャンプが出来るようになる」こと。

集中力は幼稚園のおかげもあって、最初に比べるとかなり上がって来ました。
もちろん同年代の子ども達と比べるとまだまだなんだけど。

ジャンプは、口では「ジャーンプ」と言うものの、片足しか上がらない。
段差から両足で飛び降りるのも手を取ってあげないと出来ない。

どんなきっかけが必要なのかな?と思ってやっていた10月のOTの時間。
マットの上に硬めのスポンジで段差を作って両足で飛び降りる練習をしました。

先生のお手本を見ながらヒカルも遊び感覚でやったんだけど、ちょっとだけ片足が残る。
まだ少し怖かったんだろうな。
惜しい感じだからまた次回、とこの日のOTは終了。

その晩。
旦那に報告をしながらヒカルに「今日はぴょーんってやったんだよね~」と言ったら、突然その場で「ぴょーん」と両足ジャンプした・・・!!

えーーーっ!!??Σ(゚□゚(゚□゚*)!!

嬉しいんだけど・・・びっくりした!!!

今ではコタツのテーブルの上から飛び降りれるくらいになってます。勇気を出せば(笑)

12月のOTでは吊り橋みたいな遊具も出来るようになりましたwww

吊り橋

出来るようになるまではバーの上に乗れず、またいで歩いてました。
バランス感覚が良くなってきたみたいwww

当初の目標を達成できたので、もう少し底上げをして3月の年度末をメドにOTは終了ということになってます。
月1回とはいえ、ひとつのリハビリが終わる見込みが出来たのは嬉しいし助かる。
でもヒカルはここのボールのプールが好きだから、終わっちゃうと寂しいだろうな ←プロフ画

あと3回頑張ろう!
スポンサーサイト
Comment:0 | TrackBack:0

ひよこのプール

先週の療育ひよこグループはプール。

療育スタート前に親子とも水着とスイミングキャップ持参と言われていたので、・・・買いました。
私のは「昔の水着にTシャツでも着ればいいかなぁ」程度だったんですが、いざ水着を出したら「・・・これを着るにはキビシイ・・・・・・」ということになり・・・( ̄∇ ̄;)
2人を産んで、かつ絞ってない体型ではビキニは無理・・・!!
セールもやってたので、ビキニ+チュニック+キュロットの4点セット(←結局ビキニ/苦笑)を3890円で購入w
安くあがってよかったー。

発達医療センターのプールは温水プール。
実家にあるビニールプールしか入ったことがないヒカルにとっては、大きく深いプールは初体験。
水着に着替えてる最中から「どこいくの?なにするの?」的に目をキラキラさせて落ち着きがなかった(^_^;)

子供用の小さいプールではなく、大人の胸下くらいまで水がある深さのプールだったので怖がるかな~?と思っていたら、逆にはしゃぎまくり。
はしゃぎ過ぎて息切れしないか心配になるくらい(笑)
一時期はお風呂ですら入るのを泣いて嫌がってたのに。
夏になってからあせも予防に、午前中ベビーバスで遊ばせながらお風呂に入れてたのが良かったのかもwww

プールではまず水に慣れるために、脇より少し下を支えながら抱っこして、「1、2、3」の3の時に高く持ち上げながら歩いてプールを往復。
他にも、左右交互に斜めに歩いて身体を傾けさせて進んだり、プールサイドから親に向かって飛び込んでみたり、浮かんでるボールをカゴに入れたり。
これが親にとってはなかなかの運動
他のママさんと「これは身体にくるね~」と苦笑い。

そんなことは知らないヒカルはずっとニコニコで興奮気味。
先生からも「いい笑顔だね~」と言われました。
でも私は興奮し過ぎたヒカルに3回ほど平手打ちを食らいました・・・。痛いよ!!(笑)

最後はそれまでやったことをまとめたサーキットでプールを1周。

親に向かってプールへザブン → 足がつく台の上を歩いて先生にバトンタッチ → 親が先回りをしてトンネルの出口で子供をキャッチ → ビニールボールを浮き輪の輪っかに入れて → 大きい発泡スチロールの板の上に乗り親が押してゴール。

途中で泣いてリタイヤする子もいた中、終始プールを楽しんでいたヒカル。
顔色が悪くなったり息切れをしてきたら休憩させようと思っていたけれど、30分程度だったとはいえ最後まで出来て、私も楽しかったし嬉しかった。
ヒカル自身がこんなに楽しんでくれてることに、この療育に参加して良かったと思いました。

次回はホール遊び。
また楽しんで遊べるといいな
Comment:0 | TrackBack:0

療育ひよこグループスタート

先週から、発達医療センターの療育グループがスタートしました。

ヒカルは毎週木曜の“ひよこ”グループ。
まだスタートしたばかりなので、ヒカルを入れた男の子4人と女の子1人の計5人。
参加希望者がいれば12人くらいまで増やすそう。

療育グループでは、集団遊びを通して総合的な発達を促すことが目的。

毎回の流れは、
始めの30分ほど自由遊び。
挨拶、呼び名、ミニゲーム、手遊びをしながら朝の会。
体操、排泄(トイレトレーニング)、リトミック等の課題遊び。
おやつを食べながら休憩。
お話、次回連絡等をしながらの帰りの会。

初回の時は、最初の自由遊びの時に保護者に対して先生から療育の説明がありました。
その間子供たちは保育士さんや心理の先生達と一緒におもちゃ遊び。

説明を聞いていたのでヒカルがどんな遊びをどういう風にやっていたかちゃんと見ていなかったのだけど、説明も終わりがけの頃、車のおもちゃを持って走るお友達を追いかけてるヒカルが目に入った。

『あ~、あの大きな車で遊びたいんだな・・・』
と思って、そのまま目の端で見ていた。
ヒカルと同じような年頃の子だから、まだ自分の持っているおもちゃを素直に貸してあげるなんてことはできない。
諦めきれないヒカルはその子の隣りに座って車に手を出したり、逃げるのを追いかける。

でもどういう事情で療育に参加しているかは分からないけれど、そのお友達は明らかにヒカルより身体は大きいし体力もありそう。
早歩きの延長ぐらいの速さでしか走れないヒカルは、そのうち疲れて追いかけるのを止めてしまった。

何処にでもある子供同士のやりとりだけど、なんだかどうにも切なくなった。
やっぱり体力がないとこうなるんだよなぁ・・・。
これからは、みんなが遊んでいても、身体がキツイから見てなきゃいけないこととかだんだん増えてくるんだろうな。

頭で分かっていても目の前で明らかな違いを見たばっかりに、療育初日の来たばかりの時間で軽く凹んだ私。
いかんいかん。

朝の会からは親子一緒に行動。
まずは、保育士の先生が名前を呼んだら手を挙げてお返事。
ヒカルはこの時の順番が最後だったので、ちゃんと椅子に座って待っていられるかヒヤヒヤ
手元にタンバリンがあったおかげか先生方の盛り上げが上手かったのか、珍しく飽きることなく待っていられたので、先生が「ちゃんと待っていられて偉かったね~!」と褒めてくれました
勿論私もwww
肝心の返事は、「はーい」と声は出せなかったけれど、両手を挙げてお返事できました

その後のミニゲームや手遊びも、椅子から立ち上がることなくニコニコでやってました。
体操やリトミックも、途中で飽きてグズる子がいる中、終始楽しそう。

排泄は、ヒカルにとって初めてのトイレトレーニング。
おまるや便座に座ること自体がなかったので、オムツを脱いでおまるに座っても不思議そうな顏。
心理の先生がヒカルについてくれて「10数える間座っていられるかな~?」と手伝ってくれた。
ヒカルは数え終わっても大人しく座っていたので、「初めてだから上出来、上出来www」と私は満足。

でもヒカルが下をじーっと見たまま動かないので「あれ?もしかしておしっこ出る?出していいよ」と言ったら、少しずつおしっこを出し始めた。
ヒカル的にはおしっこをしていい場所なのかいけない場所なのかが分からなかったから、最初は出しては止め、出しては止めを器用にやっていたけど、私達が手を叩いて喜んでいたので「出していいんだー」と分かってスッキリするまで出してました(笑)

おまるデビューで即おしっこができるなんて思わなかったから、ものすごく嬉しかったです!!
ヒカルも、私やいろんな先生に頭を撫でてもらったり褒めてもらえて満面の笑顔www

ただ、この後のおやつタイムは家で苦労しているのと同じように、お茶だけ飲んでろくに食べませんでした
手作りのバナナケーキとリンゴだったのにー。
私もちょっと食べたけど美味しかったぞ!
勿体無いなぁ。

帰りの会では大人しく座って先生の紙芝居のようなお話を聞き、みんなで手遊び歌を歌って終了。

トータルとして、ヒカルにしてはかなり頑張ったと思う。
他のお友達は、グズったり飽きちゃったりして、1人また1人とお母さんに抱っこされたまま見てるだけになってしまっていたから。
きっとヒカルが人見知り、場所見知りをしないからだろうな。
この調子で少しずつ集団遊びに慣れていけばいいな

2回目のひよこグループはプール。
昨日行ってきました。

長くなるので、それはまた次回☆

Comment:0 | TrackBack:0

臨床心理4回目&拍手レス☆

まずはお礼から。
昨日、拍手を1件いただきました!!
ありがとうございますwww
お陰様で更新の糧になってます(*'-'*)

今日は朝からどしゃ降りの雨でしたね~。

午前中にヒカルの臨床心理の受診があったので、ひなたを旦那の実家へ預けに行く予定だったんですが、あまりに天気が悪いので義母が家まで来てくれました。
ありがたや~

発達医療センターへは裏道を使って行っているので、いつも混まずにスイスイ。
でもさすがに今日のようなどしゃ降りだと皆さん安全運転なので、混んでないけどノロノロ。
ちょっと遅刻しちゃいました~( ̄∇ ̄;)アハハ

臨床心理は今日で4回目。
ヒカルは先生にも慣れて、「先に先生のとこへ行って」と言ったら、部屋の入口で待ってくれている先生に笑顔のよたよた早歩きで向かって行った。
後ろから見ていても可愛かったwww←親バカ

内容は前回もやった遊びに加えて、もう少しレベルを高くしたおもちゃの形合わせの遊びをした。
今日は少し眠くなりつつあったのか、いつも以上に飽きっぽくて、ひとつの遊びが長続きしない。
先生も「ん~。今日はちょっとご機嫌ななめかな~?」と言っていた。スミマセン(^_^;)

少し面白かったのは、数字を書いたシールを貼っていたとき。

最近ヒカルは、ミニカーを縦列駐車のように並べて、一つずつ指を指しながら数を数えてるかのようにおしゃべりをしていることがある。
そのことを先生に話したら、1~10まで書いてある紙とシールを出して、紙に書いてある数字の上に同じ数字が書いてあるシールを貼らせる遊びをやらせ始めた。

ヒカルはシールが好きなので、早くシールをよこせと机に身を乗り出してすごい食いつき(笑)
それをちゃんと椅子に座らせて、「ちょうだい」をやったらシールを渡す。
最初はただ紙にシールを貼っていたけれど、同じ数字(ヒカルからすると同じ“数字”という形)の上に貼ると分かったら上手に貼れるようになった。

それでも、シールを剥がすことに夢中になって紙を見ていないと全く違うところに貼りつける。
貼ってから「ここじゃない」と気付くと、自分でまた剥がそうとして(べったり貼りついているので先生が取ってくれるのだけど)正しい場所に貼り直す。

私はその様子を横からじーっと観察。
シールを剥がしながら紙とシールの数字を見ている時は正しく貼れて、紙を見ずにただ剥がしている時は上手に出来ないという違いが、ヒカルの視線ではっきり分かった。
『あ。今考えてるんだ』って手に取るように分かって、本当に面白かった。
こうやって子供って吸収していくんだなぁ。

あとビックリしたこと!
この夏ヒカルが履いているサンダルは、後ろ足首のあたりがマジックテープになっている。
いつもそれができないので履く時は手伝っているのだけど、臨床心理が終わって部屋を出る時、自分で履いてマジックテープをとめていた!
しかも両足!!
右足のテープのとめ方が甘かったのか、歩き始めて数歩でコケたけど(笑)
でもすごいよー!!!(≧∇≦)ノ彡☆バンバン!!

次回は来月。
来週から療育グループも始まるし、新しいことをまた吸収できるといいな。

以下、拍手レスになります。
続きを読む
Comment:0 | TrackBack:0

新たなリハビリ

7月の終わりに発達医療センターで受けた小児科の診察。
発達検査の結果も踏まえて、月2回ペースで受けている臨床心理に加えて、作業療法も受けることになった。

発達検査ではトータルで「1歳9ヶ月程度の発達」と診断されて、小児科診察でも先生から「1歳半~2歳頃に見られる行動をしていますね」と言われた。
実年齢より1歳近く遅れていると言われると、さすがに軽く凹む。
だからといって教育ママ的にあーしろ、こーしろとするつもりもないけれど。

ヒカルのペースでやるしかないのは分かっているので、じゃあ少しでもその成長の手助けになるならと、作業療法も月2回で受けることにした。
これから療育グループも始まるし、結構予定が多くなってる中、またやることが増えるのは正直大変。
でもまた手術で長期入院するから、今の貴重な時間を大切にしなくては。

作業療法では、身体のバランス感覚を養ったり、細かい作業をできるようにさせたり、集中力をつけさせたりするのが目的。
初めて受診した昨日は、体温とサチュを測った後、普段の生活の話をしたり、絵柄合わせやブロック積みで遊んで簡単に終了した。

相変わらず、椅子に座っていられないし、自分の好きなように遊べないと床に物を落としたり投げたりする。
うーん・・・(´・ω・`;)
もう少しこっちの言ってることが理解できるようになるといいのにな。

次回は18日。
『あれ?月2回ペースじゃなかったっけ?』と思ったけれど、とりあえず予約。

17日はひなたの予防接種、18日は作業療法、19日は療育グループ。
来週は忙しいな・・・
Comment:0 | TrackBack:0

バンビ

Author:バンビ
先天性心疾患(無脾症候群)の息子・ヒカルと娘・ひなた、主人と私・バンビの家族の日記です。
ヒカルは2010年11月にフォンタンを終えて現在5歳。
幼稚園年長さんです。

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。